特別養護老人ホーム 紀成福祉会 電子カルテ導入
本当の愛情と思いやりは必ず心にとどきます。 社会福祉法人 和歌山県 特別養護老人ホーム 紀成福祉会

電子カルテ導入


紀成福祉会では、月に一度情報化委員会を開いています。

委員会では昨年より協議を重ね、電子カルテの積極的な導入を提案し、この度正式に理事会の承認を得る事が出来ました。


導入を推進した理由の一つに、各種記録の転記にかかる時間が莫大になる事が挙げられます。

加えて、用紙の準備や印刷に手間取ることも少なくありません。

その分の時間を、より良い介護の為に割り当てる事が出来たら。


また電子カルテを利用することで、集計等はソフトウェアに一任する事が可能となり、マクロの観点からご利用者を捉える事が容易になります。

各種の記録を分析し、広い視野でご利用者の事を考え、評価する事が出来たら。


介護の幅は、今よりも広がっていくと確信します。

ただし、全ての職員が機器の操作に長けている訳ではありません。

機械の操作が苦手な方にとっては、キーボードやパソコンの操作が苦痛になる場合が多いのが現実です。

そういった方にも間口が開かれるように、ペンタブレット型ディスプレイやipadの導入も同時に行い、職員がスムーズに移行出来るようフォローしていきます。


介護を肉体労働から、頭脳労働へ。

記録に追われ記憶に頼る介護から、記録を分析し使いこなす介護へ。

リフトの導入と同様にカルチャーチェンジが要求されますが、成功を確信しています。

経過は、こちらのページで追って報告致します。